給水管調査

設置例

お問い合わせ

   

給水管の調査なら

  
Home > サイエンスセラミック > 冷却水の水質基準値

冷却水の水質基準値

※ 画像を押すと拡大されます。

注) *1.冷却水とは一過式、循環式とも凝縮器を通過する水をいう。
*2. 欄外の○印は腐食またはスケール生成傾向のいずれかに関係する因子を示す。
*3. 下記10項目以外にも腐食、スケール・スライム障害の因子がある。たとえば地下水を
   一過式で使用する場合の遊離炭酸や冷却塔使用時のスライムなど。
*4. 項目の名称と単位はJIS K0101−1979に準拠する。
  酸消費量(pH4.8)のことをMアルカリ度ともいう。

表4.5 補給水*1の水質基準値(参考値)7

補給水

※ 画像を押すと拡大されます。

注) *1.補給水とは冷却塔に供給する水をいい、一過式で凝縮器の冷却水として使用する水
  ではない。
*2. 表4.4とpHの基準値が異なるのは、たとえば地下水など多量の炭酸ガスが溶解している
   ためにpH値が一時的に下がっても、冷却塔で循環使用中にpHが上昇し、使用上問題が
   なくなるためである。
*3. 項目の名称と単位はJIS K0101−1979に準拠する。 酸消費量(pH4.8)のことを
  Mアルカリ度とも言う。

(社)日本冷凍空調工業会の基準による

ページトップ