給水管調査

設置例

お問い合わせ

   

給水管の調査なら

  
Home > サイエンスセラミック > 鉄の水による腐食状態の実験方法、腐食量の比較実験方法

鉄の水による腐食状態の実験方法

<Eh−PH図より求める>

A その水のPHを求める
B 亜鉛を取り除いた針金を使用し鉄の電極電位を測定する

腐食量の比較実験方法

(1) Znを取り除いた針金を使用し測定水中に2時間浸漬放置後、全鉄の分析を行う。
(2) 2時間経過後針金を取り出し全鉄の量を計測します。

2Hour放置後の各PHに於ける全鉄の測定結果

* 各PHの水は、箱清水水の電解処理にて作製

(1) pH 3.60 2.5ppm/1.413cm2・2時間・190cc
(2) pH 7.37 1.9ppm/1.413cm2・2時間・190cc
(3) pH 9.51 3.Oppm/1.413cm2・2時間・190cc
(4) pH 9.96 3.Oppm/1.413cm2・2時間・190cc
(5) pH 10.61 2.5ppm/1.413cm2・2時間・190cc
* 腐食量=(2時間後の腐食水全鉄)−(針金浸漬前の水全鉄)